名門中学合格のススメ|オープンキャンパスで知る通信制高校
勉強

名門中学合格のススメ|オープンキャンパスで知る通信制高校

受験前に大学をよく知る

大学生

今後、少子化によって大学に進学する人の数は少なくなり、大学は淘汰されていくと言われています。そのため、どの大学も受験生を集めようとしていますが、その取り組みの一つがオープンキャンパスです。オープンキャンパスに参加すると、大学の雰囲気を肌で感じることができます。

読んでみよう

自宅学習で高卒資格を取る

勉強

多様な生き方をサポート

現代は個性化の時代と言われ、1人1人の個人が持つ多様性が尊重されるようになっています。このような時代の波による変化は教育の世界にも訪れており、画一的でない多種多様な学習スタイルが選択できるようになってきています。そうした流れの1つとして位置づけられるのが、通信制高校の普及です。通信制高校とはその名の通り通信システムを利用し、自宅にいながらにして授業を受けることのできる高校です。法に基づいて運営されている学校であれば、卒業時には一般の通学制高校と同等の高卒資格が得られます。通信制高校は若年の頃から多様な生き方を実現できる教育システムとして注目されています。さらに学習意欲を持った中高年層や老年層をも受け入れる柔軟性があるため、今後ますます普及が進むものと予測されています。

直接相談できる機会もあり

通信制高校は20世紀の半ばごろからあるシステムですが、発足当初はもっぱら郵便制度を利用して配布された教科書にしたがって独習し、ドリルやレポートを返送するという形式が一般的でした。その後テレビやラジオなどを利用した遠隔地授業が行われるようになり、現在ではさらに進んでインターネット回線を使ったオンライン学習が主流になっています。レポートの提出もメールへの添付やサイトからのアップロードが中心です。また、多くの学校がスクーリング制度を設けており、通学して授業を直接受けたり自宅学習を進めていく上での悩みを相談したりすることができるようになっています。学校によっては文化祭やサークル活動を行っているところもあり、一般の高校と変わらない学園生活を楽しむチャンスもあります。

効率的な学習

教師と学生

奈良の家庭教師では、マンツーマンで学習をさせることができるので、学習による理解の速度が遅い生徒でも効率的に勉強させられます。苦手教科を集中的に学習させるので、教科の苦手意識を改善させ成績を向上させられます。

読んでみよう

学校の勉強だけでは難しい

文房具

中学受験に出題されるものは学校の勉強の範囲外のものが少なくありません。ですから必ず中学受験用の塾などで対策しておく必要が有ります。また中学ごとに出題傾向は異なりますから、似たような傾向の中学を受験させることで子供の負担を減らすことができます。

読んでみよう